膀胱鏡検査

膀胱鏡検査は、尿道に麻酔薬の含まれたゼリーを注入してファイバースコープや硬性内視鏡を外尿道口から尿道内や膀胱内へ挿入することで、内部を観察するという検査になります。この検査時、砕石位という体位になります。名前で聞くとピンと来ないかもしれませんが、要は出産時のような両足を左右に広げて足台に載せる体位です。また、ファイバースコープを使用する際には、両足をまっすぐに伸ばして仰向けに寝る仰臥位という態勢で行う事もあります。本検査では、尿道が狭くなっていないか・詰まっていないか・前立腺肥大の程度がどれくらいなのか・膀胱や尿道粘膜の形態的変化(腫瘍など)の確認・膀胱や尿道内に結石があるか否かを知る事が可能です。消化器の検査とは異なり、通常は絶飲食や浣腸などの前処置は必要ありません。検査後には十分に水を飲み、膀胱尿道の出血や尿路感染症の予防をしましょう。本検査は一般的に、泌尿器科の外来にて行われる検査です。膀胱鏡で異常がみられた場合、泌尿器科の専門医と相談して、発見された病気の治療方針を決定していきます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *