様々な先天性心疾患のケース

先天性心疾患の頻度は約100人に1人であるとされています。無症状のまま一生を送る事が可能な人から出生に至らず胎内でなくなってしまうというケースまで様々なのです。全体の90%は成人するとされています。心房中隔欠損・心室中隔…

LHとFSHの働き

続いて黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の協調によって、女性では排卵を、男性では精子形成をコントロールしています。プロラクチンは、乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働きます。 妊娠中から産褥期にかけて…

下垂体前葉ホルモン

下垂体前葉ホルモンは、成長や性機能に関係しているとっても大事なホルモンになります。成長ホルモン(GH)・黄体形成ホルモン(LH)・卵胞刺激ホルモン(FSH)・プロラクチンはいずれも脳下垂体前葉から放出されているホルモンで…

下垂体性小人症

下垂体性小人症は、年齢に比べて低身長であるという点が特徴的だと言えますが、他のホルモン分泌低下を合併する事も少なくありません。これらの原因が下垂体腫瘍である場合、頭痛・視野障害・他の下垂体機能低下症状が出る可能性もありま…

lgEの測定検査

アナフィラキシーショックの症状として、発疹・発熱・鼻水・涙・かゆみ・ショック等が挙げられます。アレルギー体質の診断・経過観察の目的で免疫グロブリンE(lgE)の検査を使用します。lgEの総量を測定するという検査です。特定…

肝機能

肝機能は、糖・蛋白・脂質の代謝・不要物の分解や排泄などなど、生命の維持には欠かすことのできない非常に重要な役割を担っているのである。肝臓の特徴と言えば、予備能力と再生能力が極めて高いという点である。 つまり、健康な肝臓は…

副鼻腔炎

ウイルスや細菌による急性上気道炎(かぜ)に続いて副鼻腔に起こる炎症を急性副鼻腔炎と言います。そのほとんどは4週間ほどで治りますが、炎症がそれ以上に長引く場合には慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)になり、鼻茸も生じてしまいます…

食事指導においてまず大切なのは適切な食事の摂取量ではないだろうか。基本は腹八分目である。また、食事によって摂取する品目の種類は出来るだけ多くなるように心がける。塩分・脂肪は控えめにし、食物繊維を多く含む食品を摂取するよう…